引っ越しで段ボールをうまく使うには。

大手のヤマトで引越しを利用しました!大手というとやっぱり料金的には高くて、小さい業者の方が安いというイメージがあります。
それは私も利用する前まではそうだったのですが、実際に使ってみて、色々な経費を計算してからわかったのは、小さいところよりも大手の方がなんだかんだで安いということですね。

大手のヤマトのいいところは、一つのボックスに収まるという形式ならば料金が一定になるというサービスです。
BOX単位で計算し、一つのボックスごとに計算するというやり方は、一人暮しだとかなり役立つのです。

例えば洗濯機に冷蔵庫に多数の小物を段ボールなどで発送し、布団やカーペットなどかさばるものの軽いものも含め、かなりの量のものがひとつのボックスに収まるようになっています。
そのため、一人暮しならば多少広い部屋に暮らしているような状態でも、普通に引越し作業ができるのです。

もちろん室内に設置したりするような作業、それもただ置くのではなく据え付けまでやってもらうとなると別途料金がかかりますが、そうしたことを抜きで引越しをただ物運びという形でとらえるなら、ヤマトは最低限度のサービスでいい人には最適なところだと感じました。
引越しを物を運ぶだけのものだと単純化して行うことができれば、基本的にはこのような安い引越しでも十分生活は成り立つと思っています。
引越し単身の相場がわかる

引っ越しする時は段ボールを使います。
ですがうまく使うとなると結構難しいものです、余計な面倒を増やさないためにも、段ボールをうまく使いたい物です。

やったの事ある人は知っていますが、段ボールを揃えるのも意外に大変です。
どこかから貰えれば一番良いですが、引っ越しで使えるようなしっかりしたモノを探すのはかなり難しいですね。

ホームセンターで買ってくるにしても、小さい車だと大きな段ボールは入らなかったりします。
まぁ揃えたとして、段ボールにモノを詰め込んでいくわけですが、ジャンル別に分けたりするのは定番の方法でしょうけどあまり良くありません。

荷物が何箱にもなってしまうなら良いですが、そんなに無い時は段ボールの数ばかりが増えてしまって邪魔です。
中に入っているものが分かればいいので、箱に書いておいてキツキツになるまで詰めてしまいましょう。

自分で運ぶにせよやって貰うにせよ、重くても段ボールの数が少ない方が効率的です。
数を増やして軽くしてもあまり楽になりません。

更に、ガッチリガムテープなどで閉じる必要もあまりありません。
どうせすぐに開くモノですし、開かない様にしたい気持ちも分かりますけど、手間が大幅に増えます。

処理するのも大変です。
ちょっと留めておけば開いたりはまずしません。

どうせ捨てるのに綺麗に使おうとしている人もいます。
ですが、むしろ使い倒すぐらいの気持ちで、段ボールの能力をフルに発揮して貰いましょう。

引っ越しの用の梱包の豆知識

引っ越しの時、引っ越し業者から段ボールを渡されますよね?あれは無料と云ってますが、殆ど新品は見積もり価格の中に入っている有料の段ボールです。
その段ボールは使い回しが多いのをご存知の方は少ないと思います。

勿論、強度の関係上で使い回しや古い段ボールは安くなります。
ただし、初めの料金には含まれているので御自分で用意するよりは業者が使っている古い段ボールを使う方が減額の対象になります。

また、引っ越しにおける梱包は引っ越し料金の中に含まれるのでなるべくなら、ご自分達で梱包される方がお得だと思います。
理由としては作業時間が長引けば、それだけ多額の料金が発生します。

そうなれば、支払わなくても良いお金が発生するので損をする結果になります。
本や書籍は小さくてしっかりした段ボールに。

衣服は古くても大きめの段ボールに入れると効果的です。
荷物が動かないように、軽い新聞紙などを用意して餡子として入れるのも効果的です。

また、見積もりが終わってから段ボールを増やすようにしましょう。
初めは少なく見積もって、後から段ボールを増やす分には料金に反映されません。

梱包はそうした努力から、安い引っ越しと安心した引っ越しが得られるようになってます。
くれぐれも業者に梱包させてしまうと、料金になって返ってきます。